アーカイブ

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法です

腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると腎不全といわれる状態になります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長い期間を経て腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎機能の回復が見込めます。慢性腎不全については、その特徴により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。クレアギニンEX制限は腎臓の負担を軽くします。クレアギニンEX摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることが出来ます。食べ物の中にはタンパク質が多くふくまれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。タンパク質制限が必要な方には、これらのタンパク質含有食品以外に市販でも購入できる「低タンパク質食品」があります。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみて下さい。近年、腎臓のはたらきが悪くなってしまう方が増加し問題となっているのです。腎臓は尿を作る臓器で背中に二つあってはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。腎臓に関する治療は病院に行ってそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまで色々ですが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。ところが、腎臓病の中にはかなり進行するまで自分ではナカナカわからなかったりするので、常に油断しないようにすることです。尿に違和感があった際には、ただちに病院で診察を受けましょう。腎臓の機能は一度失われると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、なるべく現状を保つことも期待できます。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の現状に照らし合わせた治療を見つけることが可能です。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、体内へのクレアギニンEX摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるクレアギニンEXの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。一般的に売られているクレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物に比べてクレアギニンEX含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高クレアギニンEX血症に陥る可能性が出てきます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。ご飯療法については、栄養士に教えて貰いながらいろいろな工夫についてしることが出来ます。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。腎臓の主なメカニズムとして、タンパク質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、または、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXを創り出すなどの我々の体にとって大切なはたらきをしているのです。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じたクレアギニンEXの抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのタンパク質やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度タンパク質やクレアギニンEXを摂っているのかをしることが可能です。CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、クレアギニンEXは高血圧治療を容易にして、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見受けます。
もっと詳しく>>>>>腎臓病食 宅配 口コミ