アーカイブ

クレアギニンEXは腎臓疾患に効くサプリとしては最強です!

腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEXが必要です。クレアギニンEX摂取量の目安として望まれるのは、1日6g未満です。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。薄味でもおいしく食べることが出来るはずです。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してください。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し似つかわしい治療を受けることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)とすると、おおよその蛋白摂取量は1日50g程度になります。たとえば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できるでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中にはご飯指導がむつかしい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺っても良いでしょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、1日分を調べることによって、体内へのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を理解することが出来るはずです。CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切です。減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、高血圧治療を容易にするにはクレアギニンEXがふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)/日ですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能になります。ですが、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の中には症状が顕れなかったり自己判断がむつかしいものもあるので、常日頃の健康管理が大切です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、まずは医療機関での受診を優先しましょう。私立ちの腎臓はソラマメに似た形をしておりどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、また、赤血球を作り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したクレアギニンEXを形成するなどたいへん重要な役目を司っています。慢性腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、クレアギニンEXの摂取と排泄のバランスを維持するために、これまで摂っていたクレアギニンEXの量を減らす必要が出てきます。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生のままの野菜や果物と比較するとそのものに含まれたクレアギニンEXの量が圧倒的に多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合には高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。腎臓機能が低下し腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)が悪化してくると一般的に腎不全へ移行します。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に似つかわしい治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。慢性腎不全については、その特性により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓の機能は一度失われると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、病態の回復までとはいかずとも、遅らせたりすることが可能です。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の現状に照らし合わせた最新の治療が期待できるでしょう。
こちらもどうぞ⇒クレアギニンEX